会長挨拶

2021 - 2022年度
東京西南ロータリークラブ
会長小掠恭子
2021 - 2022年度 クラブ運営方針 >
少しだけ周りに関心を持とう

 東京西南ロータリークラブの初めての女性会長となります。実際は女性であることを意識すること自体、多様性を尊重する今の時代ではナンセンスな事かもしれません。
 それでも女性が伝統ある東京西南RCの会長をどのように務めていくかは、会員の皆様の大きな関心事ではないでしょうか。さて困った。どのようにこのクラブを皆様の満足できるクラブとして運営していけるのでしょう。
 そこで考えました。目標をあまり高い所に持っても私には何事もできないだろう事は明白です。ならば私の身の丈に合った私でもできる事を一年の目標としたいと思います。
 それは一年をかけてクラブの中の親睦を深めて行くことです。そして一人でも退会される方を減らしていきたいと思います。
 コロナ禍の時代は集まることをよしとしませんからクラブの仲間が集う事すら憚られます。クラブと個人、会員同士、他クラブとの交流など全て分断が進んだと感じられ、皆様寂しく思いっきり仲間と家族と楽しみたいと望まれているのではありませんか。
 今こそ皆でつながりましょう!!
 感染には十分に配慮しながらも、なるべく多く仲間と集いお話しできるクラブ運営を目標としていきたいと思います。
 下記が小掠年度の重点目標です。

1.例会の卓話はリアルタイムでWeb参加できるようにする
1.HP、会報、Line、Zoomなどを活用して意見交換と相互理解の機会を増やす
1.家庭集会は大人数にならないように配慮し、沢山のグループを設定しこまめに実施する
1.親睦旅行を安心安全に実施する
1.クリスマス会を2021年の集大成として盛大に安心安全に開催する
1.全員が周りの仲間により関心をもって、より深い絆を深めて行く

 このような目標をもって、
 会員間の親睦を重視した一年にしていきたいと思います。
 どうぞ皆様、ご協力のほどよろしくお願いいたします。